この世の中には実に様々な菌があります。菌と聞くと何だか汚い様なイメージを持ちがちですが、善玉菌という言葉がある様に人体に有益な菌もあるのです。

腸内で有名なのは乳酸菌

有名な菌といえば乳酸菌でしょうか。

ヨーグルトやチーズなどの乳性品に含まれる菌で、乳酸菌の働きを利用して作られる食品も多く存在します。その乳酸菌にも種類があり、今ひそかに注目を集めているのがラブレ菌です。

胃腸の働きを助け、動物性の乳酸菌よりも強くて効果が高いと言われています。ラブレ菌は植物性の乳酸菌にあたります。

最近ではラブレ菌が配合されたサプリメントも多く登場しています。

ラブレ菌のサプリメントを選ぶにあたりポイントとなるのは、ラブレ菌が生きたままである事です。これは従来の乳酸菌にも言われていた事ですね。

胃腸の働きを助ける乳酸菌

胃腸の働きは年齢と共に弱くなりがちで、若くともライフスタイルによって弱くなってしまうものです。人間が生きていく上で胃腸は大切な器官ですから、その働きを助けてくれるラブレ菌の存在もまた大切だと思います。

正しい方法で腸の環境を良くしていきましょう。

ラブレ菌、最近耳するような菌です。世間では、まだまだ知らない方も多いと思います。このラブレ菌は、植物性乳酸菌の一つです。

乳酸菌にも、植物性と動物性があると知りました。

植物性の乳酸菌は、野菜や穀物を発酵させることで出来る、味噌や漬けものなどを作るものです。

そして動物性の乳酸菌は、チーズやヨーグルトを作る乳酸菌なのです。

ラブレ菌の正式名称は?

さてこのラブレ菌、正式名称は「ラクトバチルス ブレビス~」と大変長いのです。そんなことから、通称ラブレ菌と呼ばれているのです。

このラブレ菌は、人間の腸内で有機酸を作るのです。そのことから、悪玉菌の増殖を抑える役目をしています。そしてコレステロールを取り込むことで、血液の中へ吸収されることを防ぐ役目もしているのです。

生活習慣病を防ぐ役目もあるのです。また腸管免疫を高めることで、癌や老化、免疫力の低下を防ぐ働きもするのです。そんなことから人間にとって、大切な菌なのです。しっかりと摂取出来るようにしたいものです。

便秘以外にも善玉菌が少なくなるとガスだまりができやすいそうなので気をつけてくださいね。

ニキビと毛穴に関する事について

たびたび思う事があります。ニキビの事を書いているとニキビケアになってしまい、毛穴の事を書いていると毛穴ケアになってしまいます。 >>