シャンプーを購入する際、CMの効果ってどれくらいのものなのでしょうか?シャンプーの成分や効果を謳っているCMもありますが、多くは視覚的に訴えることのほうが前面に出ているような気がします。結構髪が綺麗な女優さんとか出ているけど、結構CMなど宣伝しているシャンプーを使用しているケースってあまりないのかもしれないですよね。やはりお金を払って契約しているので結構違いがあります。

イメージキャラクターとシャンプー

これは、何もシャンプーに限ったことではないのかもしれませんが、イメージキャラクターというものの存在がそこにあるのでしょう。

では、このキャラクターがどのようにして選ばれるのかというと、もちろん最終決定権を持つつくり手側の決断でありましょう。この作り手側の意図と見ている側の好みが一致した場合は、すんなりとCMを受け入れることになります。

しかし、人物を起用した場合、どうしても好みがありますので、気に入らない人物が登場したときの受けて側の反応はどんななのだろうと興味があるところでもあります。受けて側としては、チャンネルを変えたり、その製品は買わないようにするということにでもなるのでしょうか。

万人受けするシャンプーはどう?

そこに、作り手側としてはいかに万人受けする人物なり風景なりを取り入れるかの工夫がなされるところでありましょう。髪がきれいになることはシャンプーの主眼でありますから、きれいな髪を強調するのはわかります。しかし、シャンプーを使うことによって環境がどれだ け汚染されるかという視点で宣伝されることはほとんどありません。市販シャンプーで髪がボロボロになってしまった場合は、女性向けの育毛シャンプーなどこ ちらの販売店サイトを見てみると良いのかな?と思います。

モデルを使ったり、きれいなだけの人を使ったりというのはちょっと辟易気味でもあります。

ニキビと毛穴に関する事について

たびたび思う事があります。ニキビの事を書いているとニキビケアになってしまい、毛穴の事を書いていると毛穴ケアになってしまいます。 >>